2009年07月30日

ブリオッシュとショコラパン

 最後のパン教室。
スタートしたのは3月半ばだったのに、もう7月も終わり…。

Rimg3382s.jpg

 ブリオッシュとショコラパン。
バターたっぷりのブリオッシュは、真夏にはちょっとあまり食べたくないパンかも。でも、チョコシートを折り込むショコラパンは、これまた是非ともマスターしたかったパン。バターとはまた違う、チョコシートの折り込み方のコツをしっかりと教えてもらいました♪

Rimg3388s.jpg

 正直、チョコシートを折り込んでいる時は不安になったけれど、焼き上がると何とか様になってひと安心。

 パン教室のパンは、ドライフルーツや全粒粉を使ったものが多く、それらが苦手な旦那には不評でした。が、ベーグルの作り方をはじめ、天然酵母や生地の扱い方を丁寧に教えてもらえたのはとても勉強になりました。忘れないように繰り返し練習しなくっちゃ! もう、ドライイーストのパンには戻れないかも。
posted by エルテ at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | パン作り

2009年07月24日

愛酊で笑呼

 旦那が「お土産あるで〜」と取り出したモノ。

Rimg3357s.jpg

 『愛酊で笑呼』つまり、『IT、で、エコ』というベタなネーミングのお酒。「お酒を楽しみ(酊を愛し)、福(笑)を呼び込む」という狙いがあるみたい。

 ビール党の私は日本酒は滅多に飲みません。冷やして飲んでみたけれど、味の良し悪しは不明でした。
posted by エルテ at 14:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月18日

ほおずき

 先日、電車の中でほおずきを持っている人を見かけました。
鮮やかなオレンジ色のほおずきは元気いっぱい!という感じ。市にでも行かれたのかな?

Rimg3336s.jpg

 家に帰ってからも、ずっと頭の中にオレンジ色のほおずきのイメージが残ってました。それで作ってみた紙のほおずき。
posted by エルテ at 10:36| Comment(3) | TrackBack(0) | paper cutting

2009年07月17日

パックリ

 何年も使っていた鉄板用の受け皿がパックリと割れてしまいました。

Rimg3333s.jpg

 食べた後にテーブルから持ち上げようとした時にヒビが入っているのに気づいてよかった。ガスコンロから熱々の鉄板を移して持った瞬間だったら危なかったかも…。

 梅雨明けもしたけれど、今年の夏は蝉の声が全く聞こえません。周りはコンクリートとアスファルトだらけだからかなぁ。蝉の代わりに聞こえるのは鳩の鳴き声。これも意外とやかましいです。
posted by エルテ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月16日

カンパーニュ

 発酵カゴを使ったカンパーニュ。
クラストはパリパリ、クラムがしっとりのシンプルなパン。発酵カゴの模様がより素朴な美味しさを引き立てる感じ。発酵カゴが欲しくなっちゃったかも。

Kc3as0114.jpg

 クープが綺麗に入れられました。焼き上がったパンの中で一番綺麗だったかも。先生や他の人たちに「お店で売ってたらこれを選ぶよね」と言われうれしくなっちゃいました♪
posted by エルテ at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | パン作り

2009年07月13日

ほていやの蒸しパン

 熱海で昔から人気だという蒸しパン。
このほていやは蒸しパンの専門店みたい。今はスーパーの一角で売られているので朝早くから買えて便利です。

 見た目は地味なパン。でも、人気があるのか、朝からカゴいっぱいに買い込んでいる人がいたり、売り場には通販の申込用紙まで。レジでは専用の紙袋まで用意されてありました。「何枚必要ですか?」とまで聞かれたので、たくさん買い込んでいく人が多いのかも。

Rimg3331s.jpg

 お味は昔懐かしい蒸しパンという感じ。わざわざ取り寄せてまで買わなくてもいいかな…と思ったのですが、旦那は気に入ったみたいでした。
posted by エルテ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出掛け

2009年07月12日

新江ノ島水族館

  海岸線をドライブしながら新江ノ島水族館に到着。入場したらまずショーの時間をチェック。まずはペンギンのショー。芸はしないけれど、生態の説明などを楽しく解説してもらいました。水族館側の工夫を感じられたショー。

 お次はイルカのショー。これはちょっと物足りない感じ。イルカより飼育係の女性達のダンスがメインなの?と突っ込み入れたくなるような内容。「イルカに負担をかけ過ぎないようにちゃうか?」との旦那の意見。動物愛護の観点からなのかな? シルクのショーを意識したと思われるカラフルな衣装とダンス。ハッキリいって退屈でした。幼稚園のお遊戯並。あの衣装、着てる本人たちも複雑な心境ではないのかしらん。続きを読む
posted by エルテ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お出掛け

2009年07月11日

熱海

 週末を利用して熱海へ。
まず御殿場のアウトレットへ寄ってから沼津でお昼を…なんて考えていたのに、渋滞にはまってしまいアウトレットのフードコートでランチをする羽目に。あぁ、漁港で美味しいお魚を食べたかった! フードコートのランチはどうしてあんなにイマイチのしかないのかしらん。むかっ(怒り)

 アウトレットでは「これ♪」と思うものが見つからず、私は見てるだけ。旦那のみお買い物。最近、色々と旦那のものばかり買ってるな〜とちょっとジェラシー。いや、必要なモノばかりなのだけど…。近々、大物の出費が控えているので珍しく財布の紐がキツメの私なのです。

 続きを読む
posted by エルテ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出掛け

2009年07月06日

ナンとクグロフパン

 12回あるパン教室も10回目。
天然酵母パンを作る手順も頭に入ってきました。

 今回はつき立てのお餅のように柔らかい生地の扱い方をしっかり頭にインプット。パン生地の扱いは、パン作りをよくしているかどうかだけでなく、やはり主婦の方が上手い様に思います。独身の人や男性は、生地がいつもより少し扱いにくいだけで四苦八苦してました。

Rimg3230s.jpg

 教室のレシピのナンは、ふんわりとしたパンのよう。私の好きなナンとはちょっと違っていたのが残念。旦那にも不評でした。でも、生地の扱い方をしっかり習えたのは大きな収穫。
posted by エルテ at 13:10| Comment(3) | TrackBack(0) | パン作り

2009年07月01日

彫紙アート

 数枚〜数十枚もの紙を重ねて彫って描く『彫紙アート』。文字通りに紙を彫刻して絵柄を描くのです。切り絵と少し似ているけれど、立体感があり作品の出来上がりはまた全然違った雰囲気。TVで紹介されたのを観た時は、もう目が釘付け状態。ちょっと遠いけれど、体験レッスンを受けてきました。

 第1号の作品がこれ。

Rimg3224s.jpg Rimg3228s.jpg

 12枚の紙で白木蓮の花を彫った(切った)もの。シンプルな絵柄だけど、全ての紙を全く同じようにナイフで切り取るのはなかなか大変。紙の切り口が完全に90度になっていないとキレイに重なってくれません。1枚1枚はキレイに切れたように思えても、何枚も重なるとギザギザガタガタの断面に。先生の作品は100枚近くの紙を重ねているのに、切り口はキレイに揃っていて、その滑らかな断面には驚くばかり!

 ナイフの使い方が安定するのに半年近くかかるとか…。上達するには練習あるのみ。ただ、ナイフの刃先がすぐにダメになるのです。先生にも「刃先はマメに替えましょう」と言われました。でも、替刃って結構高いのです。この作品でも4枚の刃を使用。包丁みたいに研げたらいいのにな…。
posted by エルテ at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | paper cutting