2008年11月21日

大宮国際カントリークラブ

 ここはちょっと変わった雰囲気のゴルフ場でした。
何というか、老人クラブか公民館みたい。ほとんどが常連のお客さんみたいだし、年齢層がかなり高め。更衣室で聞こえてくる会話は「あたし、血圧が200になったのよォ〜」とか健康の話ばかり。何か整形外科の待合室みたい。

 全部で5つのコースがありました。コースによって受付からバスで移動するところも。そのバスが、問題あり。一歩足を踏み入れると、かなり濃い加齢臭。しかも、年齢が高めの加齢臭なので、かなり熟成されてます。バスに乗っている間中、ずっとハンカチで鼻と口を押さえてました。旦那は「ゴルフ場のお風呂はこんなもん」と慣れっこのようだったけれど、私は男性用のお風呂には無縁なので、初めての体験。スタート前から体力を消耗してしまったかも。

 河川敷のゴルフ場なのでまっ平ら。ちょっと物足りないかも。高齢者にはいいかもしれないけれど。でも、暖かく風もなく、最高のゴルフ日和。遠くに富士山も見えました。

Rimg2301s.jpg

 食事はまぁまぁ。が、トイレがひどかった! クラブハウスのトイレは普通だったけれど、コースにあるのは仮設トイレだったのです。茶店のあるところなら…という期待も虚しく、コース場はすべて年季の入った仮設トイレ。勿論、アンモニア臭も…。夏場はかなり激しい臭いがするのではないかしら? 家から高速を使わずに行けるし、値段も安いので会員権を買ってもいいかな…なんて考えていたけれど、その気は全くなくなりました。
posted by エルテ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ
この記事へのコメント
あらら、アンモニア臭はイヤですね〜。
景色はいい感じですね♪

うちの夫も先日石川遼くんが回ったコースに行ってきたのですが、クラブハウスやらお風呂やらが思ったより・・・などと言っていました。
コースはテレビで見たとおり良かったらしいのですけれどね。
やはりゴルフ場は実際にまわらないとわからないことがあるでしょうね〜。
Posted by aoi at 2008年12月02日 13:04
どこへ行くにしてもトイレは重要ですよね〜。
アメリカの仮設トイレって臭わなかった記憶があるのですけど、あれはどうゆう薬品を使っているんでしょうね? 真夏の炎天下のイベントの時、かなり勇気を振り絞ってドアを開けたのに、飛行機のトイレのような感じだったのですよ…。

遼くんのコース、旦那も行きたがってました。
ちょっと騒ぎになっていたけれど、何もなくてよかったですよね。あんな迷惑なことはもう二度となければいいのにと思います。

このゴルフ場ではお風呂はパスしました。
何だか危険な感じがしたので。夏でなければそのまま家に帰っても問題ないですからね〜。
Posted by エルテ at 2008年12月02日 15:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23425430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック