2009年04月10日

ココアとくるみのパン&ピタパン

 パン教室2回目。
前回は未知の世界だった手こねも、2回目になるとちょっと要領がつかめてきたかな?という感じ。前回より2人人数が増えたので、作業するテーブルが狭く感じました。でも、これが定員みたい。ちょっと狭いかも。

 ほとんど同じような年齢の人たちなのだけど、1人だけ母親世代の人がいます。パン作りは不慣れらしく、主婦暦は長いと思われるのに作業は遅れがち。テンポがズレているし、独り言が多いのです。で、訳が分かっていないくせに仕切りたがるのが困りモノ。分かんないんだったら黙っていればいいのに…。生地をこねる時に邪魔をされるのもちと迷惑だったりして…。席は何となく前回と同じ位置に。私と席が近いからちょっと鬱陶しいのです。いや、年配の人はいたわらなきゃいけないのだけどねぇ。先生の説明が耳に入ってないかのような振る舞いが気になります。

Rimg2928s.jpg

 それはさておき。出来上がったパンは二種類とも、とっても好みの味。ちょっぴりビターな味のココアパン。(このビターさが美味しいと思ったのに、旦那には不評でした(--;)チョコチップとドライフルーツ入り。ドライフルーツは苦手なのに、何故か美味しく感じました。好みが変わったのか、ドライフルーツが上質のものだったのか…。ピタパンは全粒粉入りなので粉の風味がよいし、ヘルシーな感じ。試食時は中に具を入れなかったので変な感じでした。
posted by エルテ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パン作り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28379013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック