2009年07月06日

ナンとクグロフパン

 12回あるパン教室も10回目。
天然酵母パンを作る手順も頭に入ってきました。

 今回はつき立てのお餅のように柔らかい生地の扱い方をしっかり頭にインプット。パン生地の扱いは、パン作りをよくしているかどうかだけでなく、やはり主婦の方が上手い様に思います。独身の人や男性は、生地がいつもより少し扱いにくいだけで四苦八苦してました。

Rimg3230s.jpg

 教室のレシピのナンは、ふんわりとしたパンのよう。私の好きなナンとはちょっと違っていたのが残念。旦那にも不評でした。でも、生地の扱い方をしっかり習えたのは大きな収穫。
posted by エルテ at 13:10| Comment(3) | TrackBack(0) | パン作り
この記事へのコメント
美味しそう!
ナンにも色々種類があるんだね〜。

自分はちょい薄めのが好きだなー。(←誰も聞いてないって^^;)
Posted by 画栞堂 at 2009年07月06日 22:49
こんばんは〜
ぷろび〜のもこです(*^_^*)
思い出していただけるかな?
すご〜っくなつかしくなって
お邪魔しました。
なんと 今は関東ですか?
ご主人様もお元気ですか?
懐かしくてお会いしたくなりました〜
Posted by もこ at 2009年07月07日 23:53
>画栞堂さん
私もちょっと薄めが好きです〜。
今回のはナンというよりフォカッチャみたいな感じでした。

>もこさん
こんにちは〜。
ご無沙汰しています〜。
すぐに分かりましたよん♪
コメントして頂けてすごくうれしいです!(^^)

そうなんです関西から中部を通り越して関東までやってきました。
旦那も元気ですよ。電車通勤が大変そうだけど…。
ブーンとこちらまでひとっ飛びすることはありませんか?
私も是非またお会いしたいです♪
Posted by エルテ at 2009年07月08日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30341359
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック