2009年07月16日

カンパーニュ

 発酵カゴを使ったカンパーニュ。
クラストはパリパリ、クラムがしっとりのシンプルなパン。発酵カゴの模様がより素朴な美味しさを引き立てる感じ。発酵カゴが欲しくなっちゃったかも。

Kc3as0114.jpg

 クープが綺麗に入れられました。焼き上がったパンの中で一番綺麗だったかも。先生や他の人たちに「お店で売ってたらこれを選ぶよね」と言われうれしくなっちゃいました♪
posted by エルテ at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | パン作り
この記事へのコメント
ほんとに綺麗に出来てますねー!
売れますってそのまま。
さすがはナイフ使いの名手なり♪

カンパーニュ、好きだなぁ。
カゴが無いので、ザルに小麦粉をたくさん振ったら作れましたよー

でもカンパーニュは独特のカゴ型がカッコ良いんだけど^^;
Posted by 画栞堂 at 2009年07月16日 21:43
ありがとうございます〜。
確かに、普通の主婦より色んな種類のナイフを使いわけてるかも?

カンパーニュ、旦那には不評でした。(--;
全粒粉を使ったからかも…。
ハード系のパンは大抵一度食べたら「もういらない」と言われます。

ザルで代用も出来ましたか?
うーん、形と機能的には似てますね。
でも、ホント、あの独特の模様がいいんですよねぇ。
キッチンのスペースと相談しながら悩みます。
Posted by エルテ at 2009年07月17日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30587308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック