2009年10月03日

柘榴の木

 お気に入りの長崎ちゃんぽんの美味しいお店の脇にある柘榴の木に実がいっぱいなってました。何度も行ったことのあるお店だけど、実がなるまでその木の存在には気づいていませんでした。

Kc3a0138s.jpg

 3m程の木にびっくりするくらいたくさんの実がついていて、木の幹には「実が割れたら食べられます」との張り紙が…。お店の人に聞いてみると植えてから30年近くたっているのだとか。去年から実が付き始めたらしい。まだ酸っぱいのに道路側の実を取っていく人が多いので張り紙をしたみたい。

 割れて甘くなるのは、今月末くらいからだとか。「その頃に来たら遠慮なく言ってくださいね。いくらでもとりますからね〜」と。柘榴が木になっているのを見たのは子供の頃以来かも。甘く熟す頃にまたちゃんぽん食べに行っちゃおうかな♪

 でも、実がなるのに30年もかかるなんて気の遠くなるような話。一瞬育ててみたくなったけれど、ちょっと待てないかなぁ。
posted by エルテ at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング
この記事へのコメント
近所の柘榴は今日見たら少し割れていました。

30年は長いですね…条件次第では早くなるかもしれませんね。
Posted by フェルレ at 2009年10月05日 23:23
桃栗3年…といいますが、柘榴の場合はどうなんでしょうねぇ。

実が早く割れて欲しいですけど、こう毎日雨続きでは無理な相談ですよね。
Posted by エルテ at 2009年10月06日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32646192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック