2009年11月14日

古代エジプトの切り絵A

 『フクロウ』

Rimg3723s.jpg

 フクロウの置物をコレクションしている私。
ヒエログリフにもフクロウが登場しているとうれしくなります。

 右のユーモラスなモノより、左の方が好き♪
左の図案は、紀元前1360年頃のレリーフ。


『世界の文様切り紙』
より。
posted by エルテ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | paper cutting
この記事へのコメント
おおおおっ!
エジプト文明!

ツ・・ツボであります(T-T)

フクロウはmだそうですねー
して↓目のモチーフも好きです。
ハヤブサ神ホルスの目・・素敵〜〜〜っ!!
Posted by 画栞堂 at 2009年11月14日 08:28
エジプト文明、ツボですか?
私も興味のある文明です。
古代史大好き♪

ホルスの目、シンプルな図柄なのに存在感がありますよね〜。(^^)

『フクロウはm』とはどういう意味でしょうか?(^^;
Posted by エルテ at 2009年11月15日 21:38
浮かれすぎて意味の分からないコメントでありました(^_^;)すみません。
フクロウはヒエログリフの中でm(ム)の発音を表すものらしいのです。
組み合わせで文章になるアルファベットのようなものでしょうか。

ああ
カッコいい〜(〃▽〃)
Posted by 画栞堂 at 2009年11月16日 00:54
ヒエログリフでm(ム)なんですか?
わー、知らなかったです。

本の図案の通りにチャチャット切っただけのフクロウなのに、気に入ってもらえてうれしいです♪
Posted by エルテ at 2009年11月16日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33619731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック